2021年の秋になり コロナ感染者数なぜ減少した? 理由を10個予想してみた


1.
あまり報道されていないが
菅総理のコロナ対策がすごすぎて収まった
総裁選を辞退してコロナ対策に全力注いだだけはある



2.
ワクチン接種が多くなり自然と収まっていったから



3.
オリンピックも終わり人の出が減ったから



4.
感染者の検査数が減っているだけ、ほんとは感染者数はそんなに減っていない



5.
インド発祥のデルタ株のウイルスは強いが反動で寿命が短かった



6.
デルタ株は夏に1番流行るようなウイルスだったから
秋になり少し涼しくなって自然と収まっていった



7.
実はコロナウイルスというものは反オリンピックの物であり
オリンピックが終わったら自然と無くなっていくものである



8.
反ワクチン派の人がコロナで亡くなっていくニュースが続き
反ワクチン派の人でもワクチン接種をし始めたから



9.
実はワクチンの中には反コロナウイルスなるものがあり
それがウイルスと同様に人から人へと感染して広まっていったから



10.
実はデルタ株には無症状者が多く知らない間に、ほとんどの日本国民が1度感染していて
自然抗体ができてしまったから




 


 

感染者数減少なぜ?“宣言”解除は?専門家分析まとめ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210924/k10013274411000.html

 



 

【2021/10/15 追記】

11.
感染対策をあまりしない人が全員1度感染して免疫ができたから

 

12.
ワクチンを打った人に実は感染しているが無症状なので検査に行かないから

 


 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。